無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年4月の1件の記事

ポールマッカートニー武道館公演!

昨日、ポールマッカートニー・武道館公演に行ってきました! 49年前、私が11才の時、ビートルズが武道館で公演したテレビ中継は覚えています。行きたいという感情はその頃はまだ無く、ずっと追体験したいと思っていたのでした。

 

昨年は急病でなんとドタキャン。国立競技場前で呆然としました。 そして今回!いよいよそのチャンスが来ました!東京ドームに続き、武道館公演です! やはりポール本人も思い入れが強いようで、素晴らしいコンサートでした!

F1020450


では入場から、、、長蛇の列を1時間かけて入場し着席してさらに1時間半待たされる。

F1020453


そしてようやく午後8時前ポール登場!!

 

一曲目は「Can’t Buy Me Love」うーんこれはちょっと変化球スタートだな! 直球ストライクは今回のツアーでは恒例の「Magical Mystery Tour」なのだが、まいいでしょう。でも本当は49年前の一曲目「Rock’n Roll Music」をひそかに期待していたのだが、、、そうはさすがにやらないかぁ、、、 「コンバンワ、トーキョー!ブドウカンヘヨウコソ!」とポール。ようこそはポールさんあなただよ!良く来てくれた!

 

2曲目最新アルバムからの「Save Us」 3曲目「All My Loving」ずっとあのバイオリン型ベース・ヘフナーを携えての演奏。やはりサマになっている。おっと書き忘れるとこだった。ポールが着ているジャケットはモスグリーン! これは形こそ違えど1966年6月30日の公演の時と同じ色だ! (7月1日は薄いグレーに赤ストライプだったかな)渋くてとても良い色だ。

 

次はなんと「One After 909」!これこそ初めてじゃないか!? アップル社の屋上でやった時以来か?

 

次にギターを持ち替えたと思う「Let Me Roll It」そしてお決まりの「Foxy Lady」のオマケ付。いつもCDには無いこれが付くのはなぜなのか? ジミヘンドリックスへ捧ぐというらしいが良く意味が判らないな。

 

6曲目「Paperback Writer」これは前回の武道館でもやった曲だ。武道館の柱も天井も懐かしがっているかな? 最後は当時やらなかったアンプに近づきハウリングでビヨビヨ~ンと鳴らしていた。

 

7曲目「My Valentine」3人目の奥さまナンシーシェベルさんの為に書いた曲。

 

8曲目と9曲目はウィングス時代の曲が続く。「Nineteen Hundred and Eighty-Five」はホッ・ヘイホッの掛け声が軽快。そしてリンダのために書いたという「Maybe I’m Amazed」 蛇足だけどこの曲の邦題は「恋することのもどかしさ」と「ハートのささやき」と二つあるのは不思議ですね。

 

10曲目は邦題で「夢の人」 11曲目「Another Day」これは学生時代良く聞いたなぁ。一人暮らしの女性を歌ったポールお得意のalone とかsad を歌詞にふんだんに使っていていい世界。泣けてくるね。

 

さてここでウクレレを手にしてジョージコーナーかなと思ったが違った。マンドリンでした。そして「Dance Tonight」これも珍しい!

 

13曲目「恋を抱きしめよう」「We Can Work It Out」

 

14曲目「And I Love Her」初期の曲はいいねぇ。結婚式で歌ったっけ。

 

15曲目「Black Bird」バンド演奏なくポールの弾き語りしっとりつま弾いてくれる。

 

次曲「New」とその次「Lady Madonna」はマジカルピアノでの曲が続き、、

 

18曲目はポールの「ツギノキョクハセカイデハジメテ」のアナウンスに続き「Another Girl」出たぁ!これは珍しい!初期のロックンロールナンバー。映画「ヘルプ!」での雪山をスキーして大の字でバタンと倒れるシーンが目に浮かぶ

 

次「Got To Get You Into My Life」もあまりやらない曲だ。この辺が武道館仕様の曲目の頂点でしたね

 

「Being For The Benefit Of Mr.Kite!」これはコンサートの定番だが本来ジョンが歌っているのになぜ良く歌うのだろう。不思議。 サーカスを題材にした曲らしく天井に会場全体にクルクルとレーザー光線が飛び交うのが楽しい。

 

次ポールお得意のファンソング「イッショニウタオウ」で「Of-La-Di,Of-La-Da」人生はぐるぐる回るんだよね。大声で歌いました。

 

次「Back In The U.S.S.R」でも会場熱唱大盛り上がり! そしてポールがピアノの前に座りLong and Winding Road かなと思ったら「Let It Be」ここで会場全員にポールに内緒で配られたリストバンド型の発光体が光ったのです!これはお見事・壮観! 

 

Lights


ポールも驚いたんだね、歌い終わったあとでもう一回出だしを弾き、間違えそうだったよと言ったのだと思う。あ、本当に感動したらしく「You’re so cool ! !」とは確かに言っていたね。
そのあとこの発光体は大活躍するのです。

 

「Live And Let Die」ではお約束の花火爆発!曲に合わせて何度も!ドームより狭いのに良くやった! おかげで2階席まで煙の臭いが、、、25曲目「Hey Jude」ここでもリストバンドが発光し会場全体光が揺れる。そしてNaNaNaの大合唱。お約束の男女に分かれてのコールに従いました。
終わるとポールと観客が ブドウカン ブドウカン ブドウカン と掛け合い面白かった。 本当に一体となっている感じ。

 

26曲目超定番「Yesterday」ただただ素晴らしかったです。良くこれだけ名曲が生まれるもんだと改めて思う。

 

ここで全員袖に引っ込み会場がアンコールの拍手。ここでもその発光体はアリーナ席は白と赤 2階と3階は青と赤に光っていた。
良くみたら日の丸とユニオンジャックだった。技術はすごいねぇ。

 

アンコールはこれまた珍しい「Birthday」だ!ポールのシャウト
!72歳かぁ! 間奏でドラムのエイブが叩きまくる!この巨漢はいつもすごいや!そしてそして28曲目「Golden Slumbers~Carry That Weight~The END」へとなだれ込んだのでした。

 

途中でも最後でもポールはナイスオーディエンスと何度も言っていたし、それが本心のように感じました。最後左に下りていく時も本当に名残惜しそうに感じた。

 

終わってみれば午後10時。あれ!?ドームの時より40分も短いぞ。そう言えばジョンに捧げる曲もジョージに捧げる曲もやっていない。でも不思議とわきおこってくるこの満足感は何なんだ。
タイトに詰め込まれた無駄の無い選曲か?会場とポールのやりとりから生まれた一体感か?あの発光体のおかげか?ここでしかやらなかったレアな曲目達のせいか? 
でももうなんでもいい、ポールとここで会えたんだから、マタアイマショウと言ってくれたけれど、今度はまたドームがいいな、武道館はこれだけにしてまた伝説にして欲しいな。
この幸せ感はこの日だけ、この感情こそ永遠にとっておきたい。

 

ポール様本当にありがとう。
最後にあなたに捧げる一言

 

「My Body was made from your Music!   Thank you Paul !!!」

 

 

20150428Goods




 

http://www.hirama.biz

« 2015年1月 | トップページ | 2015年10月 »